ムダ毛処理

ムダ毛の自己処理ができていない。恥ずかしかった体験談

更新日:

子どもが小さく、一緒にお風呂に入っているため、
なかなかムダ毛の処理ができない毎日。
ただでさえ毛深く、生えるのが早いので、
腕や足は洗面台で剃ったりしていますが、
ワキの下だけはどうしてもやりづらい。
服を着てて、人目にもつかないし、「ま、いっか」と
放置し続けていました。

たまにお風呂の時にちらっと見て、
「あー、だいぶ伸びてきてる・・・」と思っていた矢先のことでした。

お風呂イスに座って、子どもを仰向けに座らせて頭を洗っていた時の事です。
むくっと起き上がって、私のワキの下を指差し、
「ねえ、あーちゃん(お母さん)、なんかついとる・・・」と!

まぎれもなく、伸びきった私の毛です。
子どもに指摘されるとは・・・。
恥ずかしかったこと、この上なしです(><)

神楽、32歳、専業主婦

大学生の頃、ゼミの仲間と海に遊びに行った時のことです。
水着に着替えて、上にパーカーをはおって、みんなで浜辺でワイワイとしていたのですが、
いざ、海に入ろうとなって、パーカーを脱いだのですが、その瞬間、みんなの視線が私に注目。
何で?と思って、みんなの視線が集まっているところを確認したら、左の脇だけ毛を剃るのを忘れていました。
もともと毛深くて濃い毛なので、一目で見て分かってしまうくらいでした。
慌てて、パーカーをはおり直しましたが、時すでに遅し。
仲間たちはどうしていいか分からなかったようで、微妙な距離感のまま、その日を過ごしました。
後日もうわさされていたらどうしようと思いましたが、皆大人な対応で普通にしてくれていました。
本当に恥ずかしかったです。

未だに忘れられない、39歳、設計

普段はムダ毛の処理はきっちりしている方です。でも、冬になるとついつい処理するのがおろそかになったり、サボったり忘れたりしてしまいます。私は、スカートよりもパンツスタイルが好きで、だいたいいつもパンツです。でも、子供の学校行事などで少し改まった席に出るときはスーツやスカートです。ある冬の日、子供の学校で進路説明会がありました。私は少しきっちりした服を着てスカートを履きました。ストッキングを履いて出かけました。電車に乗って、ふと自分の足元を見ると、なんとすね毛がたくさん生えているではありませんか!すね毛を処理するのを忘れていて、ストッキングの中で汚い毛がたくさん見えています。もう最悪です。本当に恥ずかしかったです。

りかまま、40歳、専業主婦

体毛が薄く、特にワキは月に1回くらいたまに生えてくる数本の毛を抜くだけで済んでいます。そんな状況なのでワキの毛に対してあまり気にかけることがないのですが、以前タイミング悪くワキの毛が生えていたのに気付かず、電車のつり革につかまってしまったことがあります。その時着ていたのはノースリーブのワンピース。隣の人がチラチラ見てくるなー、なんでかな?と気にはなっていたものの、まさかワキ毛が生えっぱなしだったためとは思わず、お風呂に入った時に気付いて、顔から日が出るくらい恥ずかしかったです。

ビーグル 29歳 主婦

学生のころ、次の日にプールの授業があることをすっかり忘れて足と手と脇の毛の自己処理をせずに寝てしまった。そのため、当日の朝にプールの授業があることを思い出して慌てるも、時間がないため自己処理できずにそのまま登校してプールの授業に出た。さすがに準備体操やクロールとかをするため手と足と脇の毛も丸見えになってとても恥ずかしい思いをした。友達の目になんとか触れないように努力するも、処理し忘れたやろと突っ込まれた。

まさこ、27歳、専業主婦

私は、俗に云う、すね毛が、若干、濃い方だと思います。通年通して、脱毛テープで処理をしていたのですが、ある年の夏、仕事で急遽、浴衣を着ることになり、美容室で着付けと髪を結ってもらうことにしました。久しぶりに浴衣を着るので、内心ウキウキしてました。下駄を履くので、ペディキュアもし、美容室へ。髪も浴衣にあうような涼し気なアップに、いよいよ、浴衣の着付け、肌襦袢を着て、美容師さんが、浴衣を着付けはじめた時、ふと、姿見に映る自分の脚を見て、ビックリしました。黒く太いすね毛が伸び放題。すっかり脱毛の事、忘れてました。ガッカリしつつも、着付けも終わり、そのあしでドラッグストアに行き、脱毛テープを買い、駅ビルのトイレで、浴衣をたくしあげて脱毛しました。美容室に行く前に、何故、気がつかなかったのかと、浴衣を見たり着たりすると思い出します。

kyo 54歳 パート

私はムダ毛の処理をカミソリでの剃毛で行っているのですが、以前アルバイトをしていたお店で、しまった!という経験をしました。私は毛の一本一本がわりと太く、あまり頻繁に剃ると毛根の太い部分が目立ってしまい、またチクチクする為、肌を露出する時だけ剃るようにしていました。当時は春の終わりといったところでしたが、まだ少し肌寒くカーディガンが必須でした。お店の制服も長袖を着用していたので剃毛を怠っていました。あの日も肌寒かったんです。もちろん剃っていませんでした。ところが、出勤して気付きました。衣替えだったんです。半袖を着用しなければなりませんでした。無論周りの女性陣はきちんと処理をされているのに私だけ毛が生えているんです。本当に後悔しました。もうあんな思いしたくないので、それ以来は定期的に処理をしています。

わかまる、21歳、主婦

普段は脇毛は剃っていますが、冬は伸ばしっぱなしな事もしばしば、な私です。冬に風邪をこじらせて咳が止まらなくなってしまいました。病院に行くと、肺炎かもしれないとの事で、レントゲンを撮りました。タンクトップになった瞬間、顔が青ざめました。脇毛が伸びていたんです。両腕を上げて、レバーを掴んで撮影しました。レントゲンを撮ってくれたのは男性で、もう顔から火が出るほど恥ずかしかったです。どんなに体調を崩していても、脇毛のケアだけはそれから必ずしています。

明太子 35歳 主婦

ある日、タンクトップまではいかないけど腕を上げると脇が丸見えになる半袖を着ていました。
私は脇がやたらと毛深くて、その日は処理を忘れていたけれどすぐそこのスーパーに行くだけだしと気にせず行きました。
買い物中に少し先から声をかけられ、見てみると友人が手を振っています。いつものノリで私も手を振り返したのですが一瞬、友人の目線が私の脇に、そして少し動きが止まりました。
そう、友人は私の脇の毛深さに驚いていたのです。
そのあと、ふつうに会話をし別れたのですが、あの時の友人の顔が忘れることができません。

ミッキー、27歳、専業主婦

彼氏の家に遊びに行った際、次の日に彼は朝早くからBBQがあるとの事なので夜の営みもないだろうとあまり毛の処理もせずに泊まりました。案の定何もなく朝方帰ろうとしたら彼の友達から連絡が。「彼女を連れて行くからお前も彼女連れてきて」…海でのBBQだから水着かな、でも毛の処理をする時間なんてないし…ということで色気のないTシャツと半パンで行くことにしました。もともと行く気だった友達の彼女は水着の上にワンピースを着てとても可愛かったです。それでもBBQは楽しく過ごし、帰りに彼氏と温泉に行くことになりました。家族風呂で入ったのですがそういうときに限って「洗ってあげる」と手に石鹸をつけ触ってきました。かたくなに脇をしめていたのですがヌルッと手が入ってしまい「あれ?ちゃんと処理しなきゃー」と呆れ顔で言われました。彼のことが大好きでマイナスな部分は一切見せてなかったのにまさかの毛事情がバレるとは!それからは会う会わない関係なく毎日カミソリ処理を欠かせません。

A子、33歳、主婦

いつもはカミソリで無駄毛処理している私。
毛が太くなり、長くなれば男性の足かと思うほどです。
冬のある日、カミソリ負けして赤くただれていたこともあって、しばらくズボンを履いてほったらかしにしようと決めました。
処理しなくても、何の問題もなかったことに味をしめ、80デニールの黒いタイツをはいた日に事件はおこりました。
仲のいい友人宅へ遊びに行ったところ、中学時代の憧れの先輩も来ていました。
スカートで良かった?と思ったのも束の間のことです。
本当にたまたま、偶然、だとわかっていても、恥ずかしさに顔から火が出そうでした。
床に座っていた先輩の腕が、ソファーに座った私のすねにあたったのです。
じょりじょりと、私には確かに聞こえました。
タイツから飛び出た足の脛毛。
女の足じゃないなと思われたことでしょう。
100年の恋もさめるような、長く伸びた脛毛を見ながら、永久脱毛を決意した悲しい1日です。

さくらちる、39歳、介護士

元々私はすべての毛が多いのですが、アンダーヘアもなかなかの量の上剛毛でした。20代の頃、彼と彼の友達と一緒に海へ遊びに行ったのですが、他の方は水着に着替えとっくに準備が出来ていました。私も何とか準備を終えみんなの所へ行こうとしたら、水着の横からチラチラと下の毛が見え隠れしていて驚きました。とりあえず中に収めるのですが、きっとそのままではまた動くと出てきてしまう。困った私はトイレに駆け込みました。ただ、ハサミなど持っている訳ではないので、思い切って手で抜くしかなかった。前日にチェックしたつもりでしたが、どんどん育成する毛には脱帽でした。

のりのり、45歳、会社員

学生の頃、仕事が忙しい社会人の彼と付き合っていて、デートは週末だけでした。レーザー脱毛などしていなかった私の膝下の毛は、おじさん並みに剛毛で密度も濃かったです。工学部に通っていて授業や研究で忙しい毎日だったので、毎日処理するのは面倒くさくて、平日は彼にも会わないし、服装もTシャツにデニムのラフな格好だったので、週に1回彼に会う前の夜にカミソリで処理するのみで、平日の私の足は人に見せられるものではありませんでした。
ある日、先輩との共同実験の最中に先輩の持っていた薬品が私の膝にこぼれてしまいました。その薬品は劇薬のため、すぐに脱いで洗い流さないと皮膚がただれてしまうと言われ、デニムを脱がされ、水道で洗い流しましたが、ふと先輩の目線が私の膝下に向いていました。先輩には何も言われませんでしたが、うっかり毛深い足を見られてしまい、とても恥ずかしい思いをしてしましました。それからは週に2回は処理するようになりました。

美里、32歳、研究職

基本的に長袖を着ている間はムダ毛の処理をしないのですが、ある春の日に、その日はとても暖かく半袖を着て外に出ました。それまでの冬の間にムダ毛の処理をしていなかったことを全く忘れ、それどころかひと冬の間まったくムダ毛処理していなかったのですでにわき毛の存在すら忘れてしまっていたのですが・・・、地下鉄に乗って吊革につかまり窓に映る自分の姿を見てまさに絶句!それからはつり革につかまることもできず、目的地に着くまで揺れる電車の中で倒れないように足で踏ん張っていました。

たびたび 31歳 会社員

私は毛深い上に普段はズボンを履くことが多いのであまり脚の毛の処理をしません。
ある時職場の旅行で観光先をぶらぶら歩いていたら、男性上司が足湯を発見しました。ちょうど冬だったこともあり、ちょうどいいから皆で足湯に浸かろうという話になったのですが、私の脚はいつものごとく何も処理しておらず、かなりの毛が生えていました。靴下脱ぐのが大変なんでとか何とか言って誤魔化そうとしたのですが、会社の上司は「大丈夫だって、みんなゆっくりしてるし時間はたっぷりあるし」と、まるで私が入るのを待っているようでした。仕方がないので靴下を脱ぎ、素早くズボンの裾を上げると同時にお湯にイン。足湯は温泉のお湯を使っていてめちゃくちゃ熱かったのですが足を出すと毛の処理をしていないのがバレるのでそこは我慢してじっとしてました。私は最後まで浸かっており、皆がしゃべっている間に素早く足を拭いてズボンの裾を下ろし、ひと安心。かなり疲れる思い出となりました。

なお、31歳、主婦

出産のときです。陣痛が進んで、子宮口が全開になって出産体制に入ったときに、デリケートゾーンの毛をハサミで、ジョキジョキ切られました。恥ずかしい気持ちと、おなかが痛いというのと、赤ちゃんが出そうでパニックになっているときでした。それでも、ジョキジョキ切っている感覚がわかり、一瞬陣痛の痛みが吹っ飛びました。ムダ毛処理をしておくべきだったと後悔をしました。男の先生が切っていました。赤ちゃんに影響すると思ったようです。

はな、30歳、専業主婦

物心ついたときから毛深いことを気にしていた私。こまめに処理するようにしていましたが、子どもが生まれてからすっかり自分にかける時間が減ってしまい、特に冬の間は伸び放題にしていました。ある日乳ガン検診を受けたのですが、脇の毛を剃ることをすっかり忘れてしまい、超音波検査で腕を上げた瞬間に脇の毛が伸び放題になっていることに気づきました。気づいたところでどうすることもできず、涼しい顔をして検査を受けましたが、恥ずかしすぎて検査をしてくれた人の顔は見ることができませんでした。

あや、30歳、主婦

私は小さい頃から回りの子と比べて毛深いなとずっと思っていました。ガチのコンプレックスだったと思います。それが腕とか足とかならまだ救いようはあったかもしれませんが、私の場合は眉毛とヒゲでした。
子供なんだし、眉毛が整ってない子なんてざらにいましたが、繋がってるわモジャモジャだわ濃いわ太いわでいつも怒ってるように見られてました。
ヒゲに関しては本当にトラウマで、自分で毎日鏡見て気づいてることなのにある日女の子の友達に「〇〇ちゃん、ヒゲはえてるよ」と指摘されたこと。恥ずかしさで消えたくなりました。

ケムシ 31歳 介護職

私が処理を忘れて恥ずかしかったことは、口周りのヒゲ!!
毎日、化粧をする前に、とても人には見せられない顔をしながら一生懸命剃っていました(笑)しかもあごには3本ほど、太めの毛も!!なんでこんなとこにも…と朝から気分が落ちながらも毎日処理していました。
しかし、毎日のことでもたまに忘れてしまうときがあるのです。しかもそれは仕事の休憩の始まりになってやっと気付きます。私は休憩の始まりに鏡をみて身だしなみチェックするのが日課なのですが…剃り忘れたのに気付き急に冷や汗…朝から今まで職場の人と喋っていたけど、絶対気付かれてる!!しかも、あごひげの黒々とした太い毛…あー、最悪。今すぐ処理したい衝動にかられるけど、カミソリない!!自分が気付いてからは、人とあまり関わらず口数減り、不自然な身ぶり手ぶり(笑)私の神経は口周りに集中して1日が終わりました(笑)

みなまま、26歳、パート主婦

私は指の毛が濃いのが少し気になります。処理は比較的簡単ですが、腕や足などより気にしない部位なので処理を忘れてしまうことも多々あります。
これは私がネイルをしてもらっているときです。
当然、お店のかたに手の甲を上にし広げます。そのときにツンツンと生えた毛…そこで初めて気付き、うわっ!!恥ずかしい。じっと見ているのは爪だろうけどマッサージもあるし絶対見られてるよなー。それからは恥ずかしくて1人で暑い…鼻の頭にかいた汗も拭えず、余計にテンパり…。
作業が終わり、写真をとってもらおうとしたのですが、爪はきれいでも毛のせいで可愛さ半減…どころかマイナス(笑)毛の処理は大事だなって思い知らされた瞬間でした。

みなまま、26歳、パート主婦

-ムダ毛処理

Copyright© 脱毛サロンの定番 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.