ムダ毛処理

【後悔】カミソリ負けした肌がヒリヒリ痛かゆい

更新日:

私は脱毛をしていないので、カミソリで剃ります。しかも、フィットネスクラブにもよく行くのでムダ毛処理の頻度はかなり高いです。いつもはフィットネスクラブの前の日は必ず、お風呂もしくはシャワーの際にムダ毛処理を行います。しかし、仕事で疲れてそのまま寝てしまった時は本当に大変です。朝起きてすぐに浴室へ行き、いつも通り、頭、体を洗い、ムダ毛処理!しかし朝なので、寝ぼけて石鹸を泡立てて剃るも、泡立ちが悪く、石鹸が薄くなってしまい、イマイチ。しかし時間もないのでそのまま、剃る。すぐに赤くなり、そのままでフィットネスクラブへ行くと足がカミソリ負けで痒くボコボコ。とりあえず、ウェアで隠し、運動を終えると、足が真っ赤になるという悲しい結末。家では急いでアイスノンで冷やしました。その後は今後こんな事無いようにちゃんと石鹸を泡立ててから剃ってます。

みぃな 33歳 オペレーター

肌が弱いのに、シェーバーで自己処理をずっとしていましたが、毎回必ずと言っていい割合でカミソリ負けをしていました。特にひどいのが、広範囲に渡り処理をしなくてはならない足が見るに耐えないくらいのカミソリ負けで、赤くポツポツしてる上に痒いのでかいてしまい、さらに引っ掻き傷が沢山あるような状態でした。そのため、生脚になりたいがために処理をしているのに、恥ずかしくて見せられない状態なので、常に黒いハイソックスを履いていて、何のために処理をしたのか分からない感じでした。

すもも、39歳、会社事務員

なんとなく、眉毛の形を変えようかなと思っていた時の話です。思いっきり変えてみようと思って勢いよくカミソリを使ったところ、なんとカミソリ負けをしてしまいました。
なんとかコンシーラーやファンデーションで隠すことができないかと必死にメイクをしましたが、見事にできませんでしたね。まさに「カミソリ負けしました!」という赤みを残しながら仕事に行って、みんなに笑われる始末でした。もう2度と無理して剃らないと決めましたね。

ぽこ、25歳、事務員

ムダ毛処理について、全く知識がなかった若ーい頃の事です。
ワキのムダ毛が気になり、自分で処理しようととりあえずT字のカミソリを買って来ました。
そして何にも考えずそのままジョリジョリ…。
「何だ、ムダ毛処理って簡単なんだ」と鼻歌交じりに喜んでいました。
しかし喜んでいたのも束の間。クリームを塗らずにそのまま剃ったせいで徐々にヒリヒリして来るではないですか??
痛いなぁと思っていた所に夏場でワキに汗をかくためしみて更に痛いと言う悲劇。
それ以後はちゃんとクリームを塗ってから剃るようにしました。

かすみ、43歳、主婦

ずいぶん前の話ですが、飲み会に行く準備中に、産毛を剃って化粧のノリを良くしようと思いました。
時間がなかったのでビジネスホテルに泊まった時に持ってきたカミソリでササっと剃りました。
剃り終わって化粧をしてたらなんかチクチク。
痛痒いと思いながらも慌てて化粧して出かけました。
若干赤くなってたけど、夜だし気にしなくていいって思って出かけて調子に乗って呑んだくれました。
そうしたら、お酒で顔が赤くなるにつれまだらになってきたようで「顔どうしたの?」って友人に言われ鏡を見るとひどい顔。
痛痒いわ恥ずかしいやら、2度と慌てて顔剃りなんてしない!って思いました(^^;;

saki 53歳 事務員

手と足の毛をカミソリで自己処理していたので、カミソリ負けで肌が荒れたことがあります。特に足がひどくて、ちょっと痒いなぐらいから?き続けてきたらどんどん痒くなってしまいました。みるみるうちに肌は赤みをおびて毛穴がぽつぽつ目立つようになりました。気付いたらまた掻いているという状態でした。仕事中も人目を盗んで掻いているというこどありました。とても生足は出せないぐらいの状態で夏でも暑いと思いながらストッキングを履いていました。

さくらこ

結婚披露宴を直前にして、背中のあいたドレスを着るので、初めて背中のうぶ毛を剃りました。散髪屋さんで女性にも施行してくれるところでした。で、翌日に赤いブツブツがたくさんできました。それまで慎重に背中にニキビができないようにケアしていたのに、それまでの努力が台無しになりました。結果、予定していなかったケープを羽織ることにしました。せっかく美しくしたかったのに散々な目に合いました。もう二度とカミソリは使いません。

ブツブツの花嫁

ワキのカミソリ負けは毎回で、カミソリ負けしない日はありません。
何故なら朝時間のない時にやるからです。
焦って急いでそるので、いつもヒリヒリしています。
でも朝に剃らないと、夜に剃ると朝にはちょっと生えてるので、朝に剃るのが一番なのです。
でも朝はあまり早く起きれないのでゆっくり剃る暇もなく、シャシャッと剃った結果、いつもカミソリ負けして痛いなぁと思いながら日々を過ごしている状況です。
もうちょっと余裕をもって剃れるように早起きしたいです。

まきか 31歳 主婦

全身脱毛するお金もない頃、毛深いといっても産毛がたくさん生えている程度だった私は、それでも恥ずかしいと思って、じょりっとカミソリで剃りおとしていました。
続けること数年、いつの間にか男性の足かと見間違う程の剛毛になった私は、まだ、カミソリ脱毛を続けていました。
しかし、剃り続けた毛は、毎日ひげのようにじょりじょり生えてきます。
夏場は特にほっておくわけにもいかず、触ってさらさらになるまで剃っていると、カミソリと剛毛との戦いに敗れた私の皮膚は、擦り傷のひどくなった感じで赤くただれて、結局素足をさらすことはできませんでした。

さくらもち、39歳、介護士

私がカミソリ負けを初めて経験したのは、結婚式前にウエディングドレスなどを着て前撮りする数日前に行なう顔剃り、衿あし剃りを理容室でしてもらったときです。
どちらかと言うと、うぶ毛や衿あしの毛が濃い方でしたので理容室の方も綺麗に剃って下さったのだと思います。
しかし翌日、肌は赤くなりヒリヒリとします。
お化粧のりも良くはなく、カミソリ負けです。
今度は、結婚式の数日前にまた顔剃りと衿あし剃りです。
理容室の方が、前回カミソリ負けしなかったかを確認して下さったので、「しました。」と答えたのです。
すると今度はカミソリ負けをしないよう、あまり深く剃らない気遣いをして下さったのですが、やはりうぶ毛の濃い私は結婚式には、すでにまたうぶ毛が生えていたことが気になりました。

のん、40歳、主婦

私がカミソリ負けをする時は、決まってクレンジングで肌をマッサージし過ぎた後に洗顔、顔剃りをした時です。
クレンジングの際にあまり肌を痛めないように気をつけているつもりなのですが、同じ工程をすると必ずカミソリ負けをしてしまいます。
私の年齢でのカミソリ負けは、タチが悪く肌が赤くなるだけではありません。
でこぼこした感じになり化粧品などを付けるとしみます。もちろん、お化粧のりも最悪です。
私は、鼻の下はもちろん、アゴのうぶ毛もすぐ生えるほうです。
お金を貯めて、カミソリ負けになりにくい若い肌に近づける化粧品をゲットしたいと思っています。

ノア、42歳、主婦

中学生高校生の時は、あまり高いカミソリを買う気にはなれず100均の使い捨てタイプのものを何度も使用していました。連続して使うとだんだんうまく剃れなくなっていくのですが気にせずに使っていたところ、事件が起きました。剃りにくくなっていたのでカミソリをいつもより強めに押しあてて毛を剃っていたところ、力を入れすぎたのか、なんと表皮の部分まで一緒に剃ってしまったのです。太ももの皮膚が7cmくらいスーッと剥けてしまい、あの時は心臓が凍るかと思いました。

さき、18歳、学生

私はデリケートゾーンなどをカミソリを使ったりして、処理しています。ある夏、朝にシャワーを浴びるついでにいつものように、脇の処理をしようとしていたら、私の愛用しているカミソリがありません。私が使っているカミソリは、ちゃんとラバーがしてあって、三枚刃?らしくそれなりの値段がするのです。しかし、見当たらないんです。出勤時間が迫っています。どうしましょう?
と思っていたら、ちょうど母親が使用しているカミソリがありました。仕方なく、母親のカミソリを使う事にしました。その時はなにもなかったのですが、だんだん違和感を感じるようになりました。。最初は、かゆいだけだったのですが、次第にヒリヒリしてきます。しかも、夏場なので汗をかきます。その度にヒリヒリして、もういてもたってもいられません。結局、仕事が終わる頃には、脇は真っ赤っかになっていました。仕事から、帰る途中でドラッグストアでカミソリを買いにいったのは言うまでもありません。結局、カミソリ負けがおさまるのに三日間くらいかかりました。

あかり、34歳、派遣社員

私は女です。女ってやっぱり男に比べると美容の面などで大変なこと多いですよね…。私はとてもがさつで面倒くさがりなので、自分が男だったらどんなに楽だろうかと何度も思ったほどです。特に思うのが、ムダ毛処理についてです。男の人は足や手などに毛が生えていたとしても、それが普通です。でも、女の人がムダ毛を生やしてたら汚いなど思われますよね。それが嫌で遅いですが、高校生頃からムダ毛処理を始めました。それからずっと、カミソリでムダ毛処理をしていますが、肌が弱い私はブツブツができてしまったり、切ってしまったりして毛はなくなるけど肌が荒れ荒れになってしまい意味のないことになります。なんだかなぁって感じです。

ねこ、19歳、フリーター

ムダ毛処理デビューは12歳という
ちょっとオマセな女子だった私。
雑誌か何かの記事を見て
ムダ毛って剃らないといけないんだ!と思ったのが
ムダ毛処理のはじまりだった気がします。

剃りだすとやめられないのがムダ毛処理の困ったところ。
生えては剃り、生えては剃りを繰り返し
高校生になる頃にはムダ毛はムダな毛とは思えないほど
立派な毛に成長。

毛が固くなる→剃り辛くなるという負のスパイラルに陥り
私の肌は荒れる一方。

荒れているときはカミソリをお休みすればよいのですが
カミソリ負け→でも毛ははえる→負けてるけど剃る→のエンドレス。
薬を塗っても治りきるまでにまた剃るので効果はなく
本当にカミソリに負けっぱなしの青春時代でした。

当時は学生が脱毛サロンに通うなんて時代ではなく
苦労したものです。
しかし、今は脱毛サロンにいくと
普通に高校生っぽい子が順番待ちをしてて驚きます。
今の若い子は、カミソリ負けなんて知らないんだろうなぁ、
なんて羨ましく思うアラサー女子なのでした。

ありさ、29、主婦

今の旦那と付き合う前の話。大学の友人同士で、時には変な話で盛り上がったりする仲の良い関係でした。そんな旦那(当時友人)がある日、
「俺、肌つるつるな子が好きなんだよね~」と一言。そのころから旦那のことを意識していた私は、よっしゃ!!と気合を入れて剃刀でむだ毛を開始。力をいれすぎたせいか、見事にカミソリ負けしてごわごわザラザラな肌に。まあ、誰にも気づかれないか・・・と思っていたら、なんと次の日の飲み会で、旦那がふざけて私の二の腕にタックル。その瞬間感じる「ザラっ・・・」とした感触・・・。あの瞬間は私も旦那もお互い少し気まずい思いをしました。

こたむー、27才、会社員

1年前の結婚式、気合を入れてエステやら化粧品やらを沢山利用して、一生に一度の晴れ姿を最高のものにしようとしていました。しかしそんな思いも裏腹に、シェービングをした翌日には見事にカミソリ負け。首筋が真っ赤に腫れ上がってしまいました。この時点ですでに結婚式2日前。泣きながら、「もうドレスきたくない~~~」と旦那に駄々をこねて愚痴りまくり、半べそをかきながら皮膚科に走りました。なんとか最悪のピークは過ぎたものの、肌は若干赤い状態で、式を乗り切りました。何事もやりすぎはよくないですね・・・。

こたむー、27才、会社員

カミソリ…肌の弱い私は勝ったことがありません!敗因はカミソリの質というより、私の弱い心だと思います。カミソリの手軽さに、私の肌も心も負けているのです…。明日は海だプールだとワクワクする前夜、すね毛の処理のために視界に入ってくるカミソリ。脱毛クリームや光脱毛などあるのに、私の視線はカミソリに釘付け。こうやってまず心が負け、そして私のすねもカミソリに負ける。ブツブツ、ザラザラ、赤味赤味。カミソリを使ったことを後悔する足が毎度仕上がります。この夏こそは負けないっ!と思ってる時点で心が負けています。(カミソリ使う気満々じゃないか)

みくのん、38、主婦

夏休み、彼氏とプールの約束をしていました。やはり女性にとって水着からの毛は恥ずかしいと思い、下の毛を夜にすべて剃りました。これで明日はばっちりと思い寝ました。
朝起きるとあれ?痒いと思いみてみました。すると皮膚が赤くただれており、立ち上がると剃った毛がちくちくします。歩くのも痛痒くてさまになりません。これはプールどころではないと思い、プールをキャンセルし皮膚科へ行きました。そこは女性の先生だと聞いていたので安心していたらまさかの男性の先生でした。みせるのをためらっていると見ないとどうしようもないと言われしぶしぶ見せました。もう恥ずかしくて泣きそうになりました。

ゆーちゃん、25歳、主婦

首の下に毛が生えています。剃らないでいるとファサーっと生えてしまうので、時々鏡を見てチェックしています。生えたのは中学生くらいの頃です、、第二次成長期の頃だと思います。太くはないけど、3センチ四方にいくらか生えているので、ケアしないとまずいです。細い毛なので抜くと痛くてしょうがないので、肌荒れ覚悟でカミソリを使います。カミソリはたまに肌を傷つけて流血してしまうのでなるべく使いたくないのですが、顔用のシェーバーがないので買いたいです。

めんたこ、35歳、主婦

小学校4~5年生頃から体毛が濃くなってきました。いくら子供だといってもやっぱり女の子なので、その頃から毛を剃っていました。
初めの頃はこっそり父親の髭剃りを使用して剃っていましたが、やっぱり髭剃りなので肌荒れはひどいものでした。皮膚が強いほうではないので、無駄毛処理用のカミソリを使用しても、毎日剃るとなると出血&ヒリヒリとした痛みはとてもひどかったです。
あまりにも出血箇所が多い時は、絆創膏をはるのも面倒くさかったので、ちぎったティッシュをペタペタはって止血していました(笑)

moriko 32歳 主婦

-ムダ毛処理

Copyright© 脱毛サロンの定番 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.